保険は自分に合ったもので選ぶ【相談して納得】

万が一

自転車

どうして保険が必要になるのか

自転車保険の加入が必要になっている理由としては、歩行者との接触事故が多発しているために行ります。 これは高齢者や子供に接触して起こる事故で損害賠償金を請求された時に支払いができないということになるからです。基本的に自転車は車輌として扱われるため、自動車保険に加入している場合は適応されますが自動車を所有していない方は加入していません。その時に事故が起こってしまうと、支払いができないということになってしまいます。 そのために自転車保険の加入が進められているのです。特に自転車保険の加入が進められているのは自転車を乗り始めた子供やお年寄りに加入を進めており、何らかの事故が起きた場合に備えることによって安心できるということです。

保険に加入するためには

自転車保険に加入する方法については、クレジットカードに搭載されている場合、自動車保険に搭載できるようになっている場合、インターネットや資料取り寄せによって加入できるようになっています。 費用はだいたい年間1000円ほどになっており、自動車保険に比べると低価格の保険になっています。保険に加入するかといっても自転車なので車と同様に車輌として不備がないことが前提とされています。不備というのは自転車のブレーキ、ベル、空気圧、ライトなどが壊れていないことを確認した上で乗るということや車両なので行動を時速30km以上飛ばしてはいけないということになっています。 このように定められていることをきちんと守った上で保険を適応する場合は問題ないのですが、不備があった場合は適応されない場合がありますので気を付けておいてください。