保険は自分に合ったもので選ぶ【相談して納得】

把握すること

事故

必要な保険加入と法律の理解度

近年、自転車の事故が多く発生しており、道路交通法の改正がありました。その中でも、軽車両に分類されている「自転車」についても走行上の規定が盛り込まれました。 歩道の走行禁止により自転車専用の路線が新たに設置されています。それらには罰則規定がありませんでしたが、重大な過失を伴う場合においては罰則規定も定められました。 そこで、新たに各保険会社においても「自転車保険」の商品が誕生しています。どの分野の保険についてもそうですが、保険は万が一の事態が発生した時に必要となります。しかし、知っておくべき事は備える為の保険も重要ですが、事故を起こさない為にも良く法律を理解しておく事がもっとも重要となります。罰則や違反があるという事は、過失を起こす可能性も十分にあるからです。

保険選びの工夫しだいで

自転車保険は、どの補償を付けるかでその保険金額が異なってきます。基本的な保険内容においては、相手に怪我や損害を与えてしまった時に必要な補償と自分自身の為の補償、高級自転車に対する盗難の補償が主な補償するべき事項です。 会社によっては、加入者の範囲が本人のみであったり家族全員分の補償で加入する事が出来たりと幅広い補償をする自転車保険もあります。 それらが各保険会社により保険料が異なる事も知っておかなければなりません。基本的な事項については各保険会社ほぼ同様の金額ですが、他の会社との差をつけるためにも各社において、工夫や割引きなどがあります。メジャーな保険会社ではなくとも格安で、安心できる補償の自転車保険もあります。 工夫をする事により、メリットが得られる保険選びをする事が出来ます。